ゆずとこゆりのコラボレーション企画用短歌ブログ。主なコンセプトは「短歌でしりとり」です。どうぞよろしくおねがいします。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2010.03.17 Wednesday..-.-
turn4.ゆず
二十四時間君だけを思ってたころの私が泣かない夜明け


彼との連絡が途絶えてから、1年と半年が過ぎた。

電話で私が言った、じゃあまたかけるね、に対する「うん」という返事が、私が最後に聞いた彼の声だ。少し笑いをふくんだ、困ったような、優しい声だった。

いっそもう連絡するな、と言われたほうが楽なのに。ずるい人だ、と思った。またかける、と言った気持ちは嘘ではなかったし、実際に電話をかけようとしたこともあった。けれど、もう一度あの「うん」を聞くことが恐ろしくて、発信ボタンを押すことはできなかった。

今考えると奇妙なくらい、あのころわたしは彼のことだけを考えていた。大げさだ、と言われることを承知で、友達に「二十四時間考えていたの」というと、大真面目な顔で「気持ちが悪いくらいほんとうにそのとおりだった」と言われたくらいだったので、周りから見てもわたしは奇妙だったのだと思う。一緒にいるときは彼の言葉を、仕草を、全身で記憶しようと思っていたし、一緒にいないときは記憶したことをなんども頭の中で確認した。呆れてしまうが夢にでさえ、彼は現れるのだった。最後の電話を切ってからも、しばらくは彼のことだけを考えていた。そして私は、こうしてずっと彼のことだけを考えて生きていくのだと思っていた。本気で。

彼のことを考えるたびに、私より15センチも背の高い、気の強そうな女の子が一緒に思い浮かぶのは悲しかったけれど、彼のことを思い出せなくなるよりは100倍幸せだと思っていた。

けれども驚いてしまうことに、3ヶ月もたてば、私は彼の手の大きさを思い出せなくなった。半年もたてば、彼とはじめて見に行った映画の名前を思い出すのに時間がかかるようになったし、1年もたてば、彼と映画を見に行ったことすら思い出さなくなった。そして、1年と半年がたった今では、私は彼ではない人と並んでいる。私はもう、この人と彼のどちらの背が高いのかがわからない。

あのころ、二十四時間彼のことを考えていたように、私はこの人のことを二十四時間考えない。それでも私はこの人のことが好きだし、この人もまた私のことが好きだ。私は十分幸福だし、もう彼のことを考えなくても生きてゆける。

「ひとくち、食べる?」

目の前にいる人の穏やかな声に、私は我に帰った。

「え?」

「アボカド、じっと見つめていたから食べたいのかとおもって」

「ああ」

それでも。

それでもこんな風に、彼は突然やってくる。

「ごめん、ちょっとぼうっとしてた。アボカドはあんまり好きじゃないの」

「あれ、そうなんだ。おいしいのに」

アボカドはどろどろしていて、舌にべっとりとする感じが嫌い。そういう私に、「人生の半分を損している」と真剣な顔でいう彼のことを思い出す。いつまでたってもずるい人だ。

「おいしくないよ、どろどろしていて、舌にべっとりくっつく感じがきもちわるいし」

そういうと、目の前にいる人はにっこりと笑って、じゃあ今度から違うものを頼むよ、と言った。ふたりでわけて食べられるように、と。

またこれでひとつ、彼を思い出すきっかけを失うのだろう。悲しくも幸福な気持ちで、私はしっかりと頷いた。

***

絶対忘れられない!って思ってても、案外忘れちゃう、ってゆーか平気になっちゃうもんですよね。もちろん悪い事じゃないんだけど、ちょっと寂しいですよねー。

っていうか忘れられてたのは私の存在なんじゃないかっていう。すみません。言い訳はしません。1ヶ月遅れです。元気です。アボカドネタを引っ張ってます。好きなんですよ・・・。

こゆり姉さんじゃないですが、ワセリンを愛用してます。乾燥すごいよね!ひどいよね!

写真はバレンタインにつくったチョコレートマフィンです。おいしそうでしょ。おいしいんだよ。

次はこゆりちゃん「け」だね!



2010.02.18 Thursday.00:32.しりとり短歌.comments(2)
スポンサーサイト

2010.03.17 Wednesday..-.-
Comment
盒凝以 2010.02.2010/02/22 18:46
今回も本当に素敵な空気感で読んでいる間とてもいい時間を過ごさせていただきました。ありがとうございました。
思わず、アボカド嫌いっていわれたら、俺ならどうこたえるかなぁ、話に出てくるどっちのパターンにもはまりたくない気がするかもって考えてしまいましたww。
木下侑介 2010.09.2010/09/18 02:38
○自分たちで決めた更新日はちゃんと守る。更新日を守れないなら、守れないとアナウンスする
○コメントをくれた人にはきちんと返事をする


それが読んでくれる人への最低限の礼儀なんじゃないかな。





CalendarProfileCategoryCommentAchivesLinkFavoriteOther あそびかた ☆おしらせ:更新日が変更になりました(毎月1回15日頃)☆ *短歌でしりとりをして楽しく遊びます *その文字にまつわる写真をのせ、実話か妄想かよくわからない短いストーリーまでつけるという質より量な感じでお届けします *ゆずとこゆりが毎月交代で、15日(前後)に更新 *裏コンセプトは「どんな50音からでも幸の薄い短歌詠みます」であるともっぱらのうわさ(本人たちの中で)少しだけ切なくなってもらえたらなおうれしいです